1. TOP
  2. 便利な使い方
  3. 在庫管理について

在庫管理について

M:netで在庫管理をする方法

在庫になる商品に新たにバーコードを発行する

新たに作成した個別品目に以下の情報を入力します。

  • 個別品目の社外バーコードに「在庫」を入力
  • ノウハウに残数(案件一覧の数量が自動で変動しないため)
  • 備考に制作の際のバーコード番号を記載
個別品目に情報を入力

在庫から出荷・追加するたびに作業登録をする

新たに工程を作成して内容に「出荷」「追加」など入力し、出荷・追加した数量を入力します。

案件一覧(工程付き)で検索

「バーコード」に在庫と入力することで検索できます。

在庫と入力

出荷・追加の工程登録のパターン

出荷の工程登録のパターン

  1. 1つの出荷の工程で作業登録をしていく
  2. 出荷のたびに工程を作って作業登録をする

在庫が増えた場合の登録パターン

  1. 在庫が増えるたびに新しくバーコードを作る(作った時の番号も控えることができるので、問題が起きた時にいつ製作した物か分かります。)
  2. 現在ある在庫の案件に工程を追加していく

在庫数をノウハウのみで把握するパターン

個別品目の数量もトータルの数量に変更してノウハウと併用で残数管理

ノウハウには製作時のバーコードのみで
右の数量と出荷の数量を比べて在庫の管理をする